Dress Days

デザイナーママとコピーライターパパが、日常のちょっとステキをつづるブログ。テーマは『暮らし・仕事・育児・夫婦』。パパはたまに登場。4歳の小さなプリンセスがいます☆

ママはママ会へ、そのときパパは・・・

本日はコピーライターパパが初登場!


特別な日にデザインを。イクメンコピーライター、ドレッサーズのヒサシです。
今回は、当ブログのもう一人の書き手であるわたしの記念すべき初投稿。
ママ会の裏側で繰り広げられていた、パパたちのドタバタを書いてみました!

 

f:id:DRESSERS:20180215184644p:plain

祝、初めてのパパ会

娘を連れて近所のサイゼ○アについたのは、待ち合わせ時刻の18時少し前だった。もう一組の父娘も同じタイミングでやってきた。

その日は保育園のママ会(飲み会)が開催される日で、自分はクラスのパパ友を誘って、パパふたり娘ふたりの「初めてのパパ会」を開いた。


サイゼ○アでは、ママがいると頼みにくい揚げ物もしっかり注文して(もちろんサラダも頼んだ)、赤ワインで乾杯。頼んだ料理が次々とテーブルに運ばれ、しばらくたのしく飲み食いしていると、「なっちゃーん」と娘を呼ぶ声が。声の主は、娘と同じクラスの男の子。隣のテーブルで、パパとふたりで食事をしていた。


事情は自分たちと同じ(ママがママ会に行っているから)で、せっかくだから3家族でテーブルを囲むことにした。いろいろ話をして交流を深めたいな~なんて気楽に考えていたが、4歳児が3人集まることの意味をパパたちは理解していなかった。

 
大声で騒ぐ、歌い出す、窓をたたく、イスの上でジャンプする、テーブルの下にもぐる、店内を走り出す…4歳児の本領発揮だ。

 「〇〇ちゃんやめようよ」「もっと小さい声にして」「お店で走ったら悪い子だよ」「間違い探しやろうよ、楽しいから」「録画したプリキュア、消しちゃうからな」

 パパたちが必死に注意しても、興奮した4歳児には届かない。

 パパたちはなすすべも無く、あたふたそわそわ。ついには、店員からもお客さんからも注意され、早々と頼んだお酒を飲み干して店を出ることになった。


まあ、そんなパパ会ではあったが、収穫もあった。帰り際に「今度はゆっくり飲める場所でやりましょうね」とパパたちでライングループを作ったし、ママの偉大さ、隣にいることの心強さも改めて実感した。

 
冒頭に「初めてのパパ会」と書いたが、実は今回、友だちパパに声をかけるのにちょっと勇気がいった。迷惑じゃないかな、断られたらどうしよう、なんて考えたりして。パパ会をやらずになっちゃんと家で食事するのも楽しいよな、なんてことも考えたりして。

でも、娘とふたりで過ごすのもステキな時間だろうけど、今回は思い切ってパパ会を開いて良かった。サイゼ○アには迷惑をかけたけど、実りの多いパパ会だった。

次回の集まりも楽しみだ!

 

 

 

f:id:DRESSERS:20180209153447p:plain

ヒサシ

・4歳娘の育児に奮闘中のコピーライター
・1977年生まれ、2012年に結婚したマリカさんの2歳年下の旦那
 
~PROFILE~
都内広告代理店に勤務するかたわら、妻が立ち上げたアニバーサリーデザインストア「 ドレッサーズを平日帰宅後&土日でサポートするイクメンコピーライター。ドレッサーズでは主に、商品企画やネーミング、コピーライティングを担当。育児では主に、娘を保育園に送る、お風呂上がりの娘の体を拭く、髪を乾かす、歯磨きの補助、かくれんぼの相手などを担当。趣味は読書とマラソンで、地元で開催されるマラソン大会には毎年参加している。実はコピーライターの登竜門である「宣伝会議賞グランプリ」受賞者。(妻は結婚後に初めて知った)